主宰者メッセージ

「ほののんタイム」は学童保育施設「鎌倉学び舎」が小学生が学校に行っている午前中(原則火曜日・第1・3金曜日)に開催している子育て応援スペースです。私はこれまで保育・教育について学び、その専門家を養成してきましたが、こうした経験と知識を地域の子育て中の方のお役に立てられたらと思い、かねてより構想してきました。

私自身、小学生と幼稚園児の子育て中ですが、1人目の子どもが生まれた時は初めての子育てに戸惑い、悩み、不安でよく泣いていました。とにかく子どもの命を明日まで繋いでいくことの責任の重さに押し潰されそうで、どの瞬間も必死でした。そんな時に保育士さんからたくさんのアドバイスをいただいたり、お手本を示していただいたりしたおかげで、肩の力が抜けて子育てを楽しめるようになりました。

私はたまたますぐに質問できる近い距離に信頼できる保育士さんがいたので救われましたが、この核家族の時代に自宅で1人で子育てをして、どうしたら良いのか不安を感じながらも気軽に相談できる専門家が近くにいない方も多いと思います。「ほののんタイム」をそういう方が気軽に集えてホッとでき、育児を楽しめるようになる場にしたいと思っています。

これからみなさまの生の声を伺い学ばせていただきながら、本当にお役に立てる場にしていけるよう「ほののんタイム」自体もみなさまと一緒に育てていきたいと思っております。鎌倉山の古民家でお会いできるのを楽しみにしております。

主宰 大滝世津子(​おおたきせつこ)

博士(教育学)/ 専門社会調査士​

1980年鎌倉市手広生まれ、梶原育ち。西鎌倉幼稚園、横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校・中学校、神奈川県立湘南高等学校、東京女子大学卒。お茶の水女子大学研究生、東京大学大学院教育学研究科修士課程・博士課程修了(総代)。博士号取得後、鎌倉女子大学児童学部にて専任講師として勤務。小学校教諭、幼稚園教諭、保育士等の保育・教育の専門家を養成。保育系、教育系、社会学系の科目で教鞭をとる。鎌倉出身の教育の専門家として、これまで得た知識や経験をもとに地域の子どもたち、保護者、先生方のお役に立ちたいと考え、2017年4月より学童保育施設「鎌倉学び舎」の運営に携わると同時に、鎌倉教育総合研究所を設立。地域の子どもたちの教育環境をより良いものにすべく活動している。趣味は短歌、墨彩画など。一男(小1)・一女(年中)の子育て中。